「WR-L24」通称Lロケに関するレポート


PP時代、かんぴょ〜さんレポートのおかげで割と使われるようになった武器「WR-L24」。
しかし、MAになってその積載量のおかげで他の大火力武器に流れていってしまった。
だが、Lロケは使える武器である。そこで、ここではかんぴょ〜さんレポートとは違った観点から
「WR-L24」という武器を見てみることにします。


MAで増えた「ハンドガンナー」対策としての使い方

「WG-HG1」のおかげで増えた機体、「ハンドガンナー」。
しかもたいていの機体は軽量級なのでブレードを狙ってくる。そこで、Lロケを真下に打って爆風で
固めから抜ける通称「自爆」。
真下に打つだけではなくほかにも使い方が少々あります。

○通常の自爆
完全に固まった場合は、真下に打って抜けるのが良いでしょう。
そのときに斬りを狙ってくる相手の場合は注意してください。
固めは抜けられても、斬りを食らう可能性があるので。
○壁自爆
普通の自爆を壁などに打って行うことです。
鍾乳洞や海底ドーム、宇宙ドームなどでやりやすいです。
○爆風に突っ込んで・・・
視点をすこし下げた状態でLロケを打ち、できた爆風の中に入っていきます。
爆風に到着したときにハンドガンがあたるようになれば成功です。
そうすると、上空から固めながら打ってくる相手をかわして、こちらから一撃浴びせることが
できるかもしれません。
気を付けないと行けないのは、完全に固まったらだめということです。
あと、ブースト中に打つとあさっての方向に飛ぶときがあるので注意してください。


実は固めることもできるかも・・・
相手が地上にいる場合、こちらが上空から発射したLロケを足元に当て爆風で相手の足を止める
事ができます。数発当ててればこちらも着地して右手武器をぶち込むことができるかもしれません。
実践的な使い方として、Lロケで固めて、そこからHG1で固めるといったことができます。
後は、バズーカやハングレなどが比較的あたりやすくなります。

ブレホ当てに関して
ブレホ当てもかんぴょ〜さんレポートの通りですが、相手を真正面で捕らえられない場合は
視点を少し下に向けていると良くあたります。
相手に直接当てるのではなく、爆風だけでも当てると考えて使えば少々使いやすく
感じるかもしれません。
ただ、空対空の場合は正面のほうが良いと思います、まあ視点が下でも足元にあたってくれるかも
知れませんが(例:4脚)

Lロケの補正?について
ずっと使っていると思うのですが、ブレードを振った後にLロケを打つと、ほぼ相手のほうに飛んでいきます。
これは、Lロケがブレホの後に打つとロックしているように思えます。
ただ、左右に関してで、上下にはかかってないようです。
相手との高さを合わせたら、ブレホ→Lロケと打つと命中率が上がるかもしれないです。
このときに相手より高度を取ると下方向だけの調整ですむので楽です。


最後に
いろいろ書いて来ましたが、やはり攻撃としてのLロケは少々つらくなってきた気がします。
固め抜けや、爆風での足止めといった使い方を練習していくのが上達の近道だと思います。
ただ、あたれば大きいですので、そのうち自分なりの当て方が見つかると思います。
最後に挨拶は忘れずに・・・。
廃棄物処理場ならかなり当たりますよ。


                   意見のある方はこちらまでお願いします。
                   HP:マルチメディア通信局 taiの私らしくで行こう!